Home未分類 › 変動金利型

変動金利型

house

短期プライムレートなどの市中金利に連動して金利が変動します。

民間住宅ローンは一般的に4月と10月の年2回金利が見直されますが、元利均等返済の場合、返済額は5年ごとに見直されます。

見直しに際し、金利上昇により返済額が増加しても25%以上増加することはなく、それをオーバーした分は以後の返済額で調整することになります。

財形住宅融資は5年ごとに金利が見直されます(5年固定金利制)。財形住宅融資の場合も、5年ごとの金利見直しの際は、返済額の50%以上の増加はなく、それをオーバーした分は民間ローンと同様、以後の返済額で調整することになります。

<メリット>

・高金利の時期においては、今後の世の中の金利低下に伴いローン金利も低下することが期待できる。

<デメリット>

・低金利の時期においては、今後の世の中の金利上昇に伴いローン金利も上昇するリスクがある。

・金利が急激に上昇した場合、金利の額が返済額をオーバーし、未払利息が発生することがあるので注意が必要。

住宅FP

Comments are closed.