Home未分類 › 固定金利型

固定金利型

house

借入当初設定した金利が全期間を通して変動しないタイプです。

金利は、新発10年国債の流通利回りなど市場の金利を基準に決定します。

全期間にわたって金利は変動しませんが、11年目以降の金利が10年目までの金利よりも高く設定されているタイプもあります。

フラット35においても、一部の金融機関でこのようなタイプを採用しています。

<メリット>

 ・金利上昇期にも将来の金利リスクがなく家計管理がしやすい。

<デメリット>

 ・金利下降期においては金利が高金利のまま固定されてしまう。

 ・変動金利や短期の固定金利選択型よりも高い金利設定となる。

住宅FP

Comments are closed.