Home未分類 › 住宅ローン金利の決まり方/財形住宅融資

住宅ローン金利の決まり方/財形住宅融資

house

財形住宅融資は、5年ごとに金利が見直される5年固定金利制のローンです。

<金利決定ルール>

機構財形住宅融資の場合、機構が発行する財形住宅債券(5年利付債券)の利回りと財形取扱金融機関からの借入金(借入期間1年)の利率を基準にして決定されます。

財形持家転貸融資の場合は、勤労者退職金共済機構からの借入金の利率を基準に決定されます。

適用金利は1月、4月、7月、10月の3ヵ月ごとに見直されます。

融資金利は、民間住宅ローンやフラット35と異なり、申込時の金利が適用されます。

融資実行後、借入日から5年経過するごとに、金利と返済額が見直されます。

住宅FP

Comments are closed.